ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 木造聖観音菩薩坐像(もくぞうしょうかんのんぼさつざぞう)

更新日:2014年4月11日

ここから本文です。

木造聖観音菩薩坐像(もくぞうしょうかんのんぼさつざぞう)

木造聖観音菩薩坐像

指定年月日:平成26年(2014年)2月25日

像高62.0cmを測る檜材の寄木造りで、白毫びゃくごう・玉眼は水晶を嵌め込んでおり、肉身部は漆箔、着衣部は褐色漆塗。製作年代は鎌倉時代末期から南北朝時代初期頃と推定される。

無量寺の前身である無量寿禅寺の創建は延元三年(1338年)。長坂山と号し、開山は竺仙梵僊じくせんぼんせん。

本像の製作が十四世紀前半であることから、時期的にこの禅寺ゆかりの尊像と推測される。瀟洒で穏和なすっきりとした造形表現が特徴で、運慶に代表される力強い慶派仏師の作品とは異なる系譜にあり、この地域の中世彫刻を考える上で重要な作品である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?