ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 向井将監正方夫妻墓出土品(むかいしょうげんまさかたふさいぼしゅつどひん)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

向井将監正方夫妻墓出土品(むかいしょうげんまさかたふさいぼしゅつどひん)

向井将監正方夫妻墓出土品

指定年月日:平成19年(2007年)3月12日

正方墓からは木槨の鉄釘、甕棺の備前焼甕と木芯銅板張り蓋、副葬品の日本刀や扇子、煙管、数珠玉ほかが出土し、室墓からは木槨の鉄釘、甕棺の常滑焼甕と木芯銅板張り蓋、副葬品の磁器・漆器椀、櫛、刀子、寛永通宝、数珠玉ほかが出土した。正方墓の備前焼甕は器高約105.2cmの大型品で、江戸時代初期の製品。室墓の常滑焼甕は口縁部断面形がY字形を呈し、器高は約85.2cmである。いずれの甕棺蓋にも墓誌が記されている。室墓出土品の年代的下限は寛文10年(1670年)、正方墓出土品は延宝2年(1674年)で、近世の墓制研究や各遺物の考古学的研究上の定点資料である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?