ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 須弥壇(しゅみだん)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

須弥壇(しゅみだん)

須弥壇

指定年月日:平成22年(2010年)4月1日

常福寺本堂内陣の須弥壇で、市指定重要有形文化財「常福寺本堂内脇厨子(2基)」の左脇厨子と同工の作である。須弥壇内部から「元和七年」(1621年)の銘が確認された。

常福寺の本堂は本覚寺(鎌倉市)本堂を大正末期に現在の西浦賀へ移したもので、その際に脇厨子・須弥壇も一緒に移された。横須賀市内で確認された最古の須弥壇である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?