ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 木造伝日静上人坐像(もくぞうでんにちじょうしょうにんざぞう)

更新日:2011年4月21日

ここから本文です。

木造伝日静上人坐像(もくぞうでんにちじょうしょうにんざぞう)

木造伝日静上人坐像

指定年月日:平成23年(2011年)3月10日
 

大明寺釈迦堂須弥壇上に安置する室町時代(宝徳二年/1450年)の彫刻。像は寄木造り玉眼入りで彩色が施され、像高は40.1cmである。
日静は鎌倉後期・南北朝時代の日蓮宗僧侶。駿河本覚寺から鎌倉本国寺、そして上京して六条堀川に本国寺を移建し、足利尊氏らの帰依を得て大寺院に発展させる。
脚部裏に造立(宝徳二年庚午卯月廿八日辰剋入寺)と補修(天正六年戊寅十月八□)に関する墨書があり、室町時代前期=15世紀半ばの在銘肖像彫刻として重要である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?