ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 里見義康龍朱印状(さとみよしやすりゅうしゅいんじょう)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

里見義康龍朱印状(さとみよしやすりゅうしゅいんじょう)

里見義康龍朱印状

指定年月日:平成15年(2003年)1月25日
里見義康龍朱印状は、豊臣秀吉が小田原に本拠を置く後北条氏討伐を決し、天正18年(1590年)4月に小田原城を包囲した状勢下で出された文書(4月13日付け)で、豊臣側の安房館山(現在の千葉県館山市)を本拠とした里見氏第六代義康が三浦半島の津久井村(現横須賀市内)あてに出した制札(せいさつ)である。
龍の朱印も捺されている確かな里見文書で、横須賀市に関わる「津久井村」という地名も見られ、地域史研究上貴重な古文書である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?