ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 木造金剛力士立像(もくぞうこんごうりきしりゅうぞう)

更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

木造金剛力士立像(もくぞうこんごうりきしりゅうぞう)

木造金剛力士立像

指定年月日:昭和54年(1979年)12月25日
阿形と吽形の二体一対に造られた仁王の像である。
古くは付近にあった丸山不動院に祀られていたといわれ、江戸時代にはすでに、千手院の堂内にあり、千手観音菩薩像とともに現在地、等覚寺に移された。
損傷がいちじるしく、尊容を損ねている。
各像とも一木造りで彫眼。彫技は総体に穏かで、衣文も浅く刻み、体貌は安静で素朴である。
平安時代後期の造立で、この地方の古代仏教文化を考えるうえで貴重な遺例といえよう。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?