ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文化財 > 横須賀市内の指定重要文化財等 > 横須賀市指定重要有形文化財(絵画・彫刻・工芸・考古資料等) > 石造宝篋印塔陽刻板碑(せきぞうほうきょういんとうようこくいたび)

更新日:2014年3月4日

ここから本文です。

石造宝篋印塔陽刻板碑(せきぞうほうきょういんとうようこくいたび)

石造宝篋印塔陽刻板碑

指定年月日:平成26年(2014年)2月25日

聖徳寺の本堂前にある宝篋印塔を陽刻した安山岩製の相模型板碑。

地上高135.0cm、上部巾29.5cm、下部巾49.0cm、最大厚9.0cmを測る。板碑前面下部の銘文により、法蓮社錠譽じょうよ上人の供養のため慶長15年(1610年)に造立されたことが明らか。

この板碑は鎌倉市の長谷寺にある徳治三年(1308年)銘の宝篋印塔陽刻板碑に酷似していることから、その板碑を模して製作されたと考えられる(大きさは長谷寺板碑の二分の一)。県内における宝篋印塔陽刻板碑はこの2例だけで希少であり、江戸時代初期における両寺の交流を示す資料としても貴重である。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部生涯学習課

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 生涯学習課」で届きます>

電話番号:046-822-8484

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?